手の力・・・癒す

手の力・・と言っても、筋トレでの隆々とした腕ではありません。 

マッサージは心理的な効果は、様々に研究証明されています。血中のコルチゾール(ストレスが高い時に上がる)や、心拍数、血圧、呼吸数などが、マッサージで安定する。そして、不安や抑うつが改善すると言われています。

転んだりして、泣いている子供に、「痛いの痛いのとんでけ~」も、おまじないだけではないようです。       
震災や事故など、突然の不幸なことで身内を失くされたりした時には、お話を聴こうにも、難しいことがあります。悲しみに打ちひしがれている人は、人にその苦しみをなかなか打ち明けられないこともあります。
その現実から、眼をそらしたい気持ちもあります。

そんな時に、体をゆっくりとマッサージすること、さすることで、「手当て」副交感神経が優位になり、心身のリラックス効果があり、さらに、支えてくれる人の気持ちも受けて、孤独感が癒されます。そのため、抱えている苦悩が軽減され、身体的なものも軽くなるようです。
言葉や、文字だけではない、手や皮膚を通した、実際の感覚が効果を促します。

看護師や介護士も、自然と手が背中にいきます。
特に、もう、どうすることもできないような時、辛い時、そっと、手を当てているしかない時があります。