ストレスを流す

ストレスを発散するとよく言います。

ストレスの発散というと、スポーツや旅行、食べる、女性はおしゃべりや買い物するというのが多いかと思います。環境や気分をを変えることでストレスを一時的に発散することができます。

それもいいですが、「ストレスは捨てる」と考えてみるのはどうでしょう。

私たちは、呼吸や尿などで身体の中で要らなくなった”もの”を環境に捨てます。同じように、「ストレス」という脳の中に溜まったエネルギーも、外に捨てていくのはどうでしょうか。

これは、「リラックス」している事が必要です。だから私たちは身体が緩んで「リラックス」して寝ている時に身体の疲れが取れるようになっています。
リラックス=副交感神経優位は「ストレスを捨てる」ためにも必ず必要なことです。

ただ、次々にストレスになることがあると、捨てるのは、なかなか難しく、溜っていきます。

じゃあ、どうやって「ストレスを捨てる」力をつけていくのか?

このキーワードが、

•「リラックスを高める」
•「副交感神経を優位にする」
•「内臓の働きを良くする」
•「呼吸を深くする」
•「質の高い睡眠をとる」
•「血液をきれいにする」

これらの身体の働きは、【「緊張」が緩まないと出来ないもの】です。このような「リラックス」状態での身体の働きを様々な角度から改善していくことで、緊張してストレスを溜め込んでいることを緩めて、ストレスを捨てていくような習慣を作っていきます。

以前、ある心理学のセミナーで「いやなことを流す」というのがありました。

川の流れに浮かべた、一枚の葉っぱを想像します。その上に、いやなことを載せて、それが、葉っぱと共に流れていきます。サラサラ、ゆうゆうか。あちらにぶつかりこちらにぶつかり、そして見えなくなっていきます。

いつでも、どこでも、できますので、ぜひ、やってみて下さい。

色々なことからの、執着を失くす考えかたにしていくこと。(少し話がそれますのが)例えば、「断捨離」も、今までのことに感謝して、物を捨てる、リラックスに導く方法です。
あまり一つのことにこだわると、ストレスも溜まります。

辛い時は、揺らぎ整体こころでコリをとってリラックスして下さいね。