水はごくごく飲まない

北海道の夏は短いです。が、普段、暑くない、湿度が高くないことに慣れていると、7月まつからお盆前の2週間位が、とても暑く感じられます。

汗をかいたり、冷たい水が欲しくなり、ごくごく飲んでしまいます。が続きますね…。
体調管理もとても難しくなっています。

外は暑いのに、建物の中は寒いくらいの温度差があります。身体の皮膚が開いて熱を逃がしながら、さらに効率よく熱を捨てるために身体の水分を利用するのが汗です。

建物に入っていきなり温度が下がると熱処理のために、汗がが発散されずに身体に引っ込んでしまいます。この『捨てた水分』が引っ込んでしまうと身体にはとても負担になります。
また皮膚も開いているので、いきなりの冷気は一気に身体に入ってしまいます。

だから、涼しい場所に入ったら、必ずしっかり汗を拭き、冷気に直接当たらないなど、気をつけましょう。

暑い時にごくごく冷たいものを飲むと、滝のように汗になって出てきてしまうのは思い当たるのではないでしょうか?

これは、水分摂取のスピードが速すぎてお腹が急激に冷やされて、水分がしっかり身体に取り込まれずに外に出てきてしまっている証拠。

お腹が冷えると
•お腹の動きが悪くなる→消化・吸収のチカラが劇的に落ちる
•お腹の働きは副交感神経(リラックス)が支配する→身体が緊張して皮膚も働かなくなる
•お腹が冷える→劇的に抵抗力が落ちて、普段防げるようなウィルスにも侵入される

せっかくの水分補給も飲み方によって、熱に負けてしまう『夏バテ』や『夏風邪』、『熱中症』を引き起こしやすくなる可能性も否定できません。

だから、水分補給は、一口ずつ飲む
•水も『栄養素』と考えて、少し口にためて唾液と一緒に飲む
•水分量を確保するのにこまめに、定期的に回数を増やす

こうすることでお腹に負担をかけすぎないで、水分を摂取できます。

いい汗かいて、 短い北海道の夏を楽しみましょう。