ストレスと姿勢

ストレスと姿勢や身体の使い方は、とても関係が深いです。

ストレスを強く受けている状態は、その状態に反応して、頭(脳)が使いやすいように全身が使われます。

ただ、ストレスは、全くないことはなく、例えば、新しい仕事につくなど、何か始めるなどという時は、負荷がかかります。それを楽しいとか、夢中でやれると体は喜びますが、なかなそうはいきません。ストレスをボールでたとえるなら、押しても帰ってくる状態が、普通ですが、押してもゆがんだままだとストレス反応として、こころや体に現れます。

体の状態をみてみましょう。何か不安定な感じがします。
①つま先優位(←つま先立ちすると頭が持ち上がることからも分かるように、身体のエネルギーの流れを上に向かわせるように働く)

②膝中心の動き(←屈伸運動やジャンプなどでも頭が上下しやすいことからも分かるように、つま先と同じように身体のエネルギーの流れを上に向かわせるように働く)

③腰(お尻)が引ける(←頭に身体のエネルギーを優先的に送るために、呼吸や消化をする内臓が働かなくなってお腹が縮み、腰が引けてお尻が落ちる)

④背骨が猫背になる(←内臓が働かなくなり、腰が引けてしまうことで、身体の土台がない状態になり、背骨も腰と連動して丸まってしまう)

⑤肩甲骨が上がる(←肩甲骨の位置が上がるのは身体のエネルギーが上(頭)に向かっているとき。同じように横隔膜も上に上がってきてさらに呼吸が浅くなる)

⑥頭が前に出て顎が出る(←肩甲骨の位置が上がることで、頭の土台になる肩口が前斜めに傾くため、頭は前に出る。また特に頭は目を使おうとするので目が付いている前側に頭も出て行く傾向がある)

⑦頭の骨が捻れて硬直してくる(←目が付いていて特にいろいろと考える前頭葉が入っているおでこ辺りが特にエネルギーが集まってきて緊張して骨の動きも悪くなってくる)


どうでしょうか。                                  姿勢が悪くて気になっている人や身体の使い方や癖が気になる人も、あてはまるものはないでしょうか。

肩こり、腰痛、頭痛、膝の痛みなど身体の慢性的な悩みを引き起こす問題ばかりですね…

体をリラックスさせたり、姿勢や身体の使い方をそういう視点から変えていくとストレスを受けにくい体や姿勢にもなっていきます。

ストレスに支配されずに、上手に身体を使う。体がしっかりすればストレスにも強くなる。
こんなふう考えて、身体を動かしていくと、自然と姿勢がよくなり、身体が溌剌として、気持ちもしっかりしてきます。

ここ揺らぎ整体こころでは、体の使い方や体操などを指導しています。