ストレスを開放する、涙の効用

涙にもいろいろありますね。赤ちゃんの時の涙は、お腹がすいたみたいな生理的な欲求だったり、悔し涙もあります。そして、感動の涙も。

感動の涙は、うれし泣きやもらい泣き、共感の涙。スポーツ選手の頑張りに対する涙や、良くやったみたいな涙や韓流ドラマを見て流す涙。自分も辛かったのに、この人は良く乗りこえたなあというような、自分の記憶と相手のことを一致させる。

共感の涙は、脳にとても良い刺激を与え、ストレスを解消してくれる働きがあります。悔し涙ではそうならないそうです。共感の涙は、自分の為に泣くので、この涙が流れると脳のストレス状態がリセットされるそうです。

人が泣く時は、一時的に交感神経を休ませて、副交感神経が優位になる状況を作り出すそうです。ストレスは、交感神経が優位になり、非常に緊張している状態なので、その時に、映画などで、共感できるような物語をみせられると、共感脳の興奮により、一時的に副交感神経が優位になります。そして、ストレス下にあった脳が解放されます。

号泣、30秒から1分位我を忘れて泣くと、頭の中がすっかりリセットされるそうです。起きているのに、副交感神経が働くのは、普通はありえないのですが、それには感動した時に泣くのを我慢しないで、号泣するのです。そうすると、ストレスがたまっていた脳をリセットして、ストレス状態が無い脳になるというわけです。

ぜひ、感動の涙を。思いっきり泣いて、すっきりと。